河⻄ 巧真
takuma KASAI
DF - 背番号26
PROFILE
出身 宮城県
生年月日2003年4月15日血液型A型
身長/体重183 / 76
【生い立ち】
~サッカーとの出会い~

2003年4月15日に宮城 2003年4月15日に宮城県仙台市に生まれ、家族構成は母、祖母、私の3人家族です。小学2年生の夏休みに、「地域の少年団に参加しないか」と友達に誘われて体験に行ったのがサッカーとの出会いでした。その後はサッカーに魅了され、学校の休み時間や放課後は上級生に混ざりサッカーをし、暇があったら壁にボールをぶつけていました。 サッカーを始めるまでは読書が好きでとても内気な性格でした。母や祖母からは「当時は物を取り合いになったらすぐに譲ってしまうような、負けず嫌いからほど遠い性格でサッカーを始めるのはかなり心配だった」と言っていました。ですが、心配には及ばず今もサッカーを続けており、勝つことの嬉しさや負けることの悔しさなど、サッカーから多くの事を教えてもらいました。県仙台市に生まれ、家族構成は母、祖母、私の3人家族です。小学2年生の夏休みに、「地域の少年団に参加しないか」と友達に誘われて体験に行ったのがサッカーとの出会いでした。その後はサッカーに魅了され、学校の休み時間や放課後は上級生に混ざりサッカーをし、暇があったら壁にボールをぶつけていました。 サッカーを始めるまでは読書が好きでとても内気な性格でした。母や祖母からは「当時は物を取り合いになったらすぐに譲ってしまうような、負けず嫌いからほど遠い性格でサッカーを始めるのはかなり心配だった」と言っていました。ですが、心配には及ばず今もサッカーを続けており、勝つことの嬉しさや負けることの悔しさなど、サッカーから多くの事を教えてもらいました。





~本格的にサッカーと向き合う~
小学校を卒業するタイミングで少年団の先輩から「クラブチームで一緒にサッカーをしないか」と誘っていただき、中学生に上がる頃から高校卒業までは仙台FC ARDOREに入団しました。 「ARDORE」というのはイタリア語で”情熱”を意味しており、仙台FC ARDORE 1期生で、みちのく仙台FCに所属している吉岡拓郎選手兼コーチが当時のチームメイトと考えてくださった名前だそうです。 入団後はチームで1番下手な自覚がありましたので、周りに追いつくために自分の学年の練習だけでなく上の学年の練習にも混ぜてもらったり、時には下の学年や小学生の練習にも混ぜてもらったりと、1日のほとんどの時間はサッカーをして過ごしていました。サッカーにかける時間とコーチの方々のサポートもあり、次第に出来るプレーが増えてきたことで、中学1年生の夏には県トレセンに選出され、貴重な経験をさせていただきました。 そして、私が中学2年生の時に、中学3年生のクラブユース選手権という大会に出場させていただき、ベガルタ仙台さんに勝利して東北大会に出場したことは良い思い出になっています。当時は1対1の強さとコーチングを強みが自分の強みでした。
中学卒業後はそのまま仙台FCユースに昇格しました。 1年生から公式戦に出場させていただき、大きなタイトルや結果は出せませんでしたが、日々の練習を積み重ねて成長を感じていました。 中学・高校の6年間、母には休日も遅くまでサッカーの送迎に来てもらい、祖母には栄養を考えた食事を作っていただいていました。家族の協力が無ければここまで成長することはできなかったので本当に感謝しております。




~大学受験失敗~
大変ありがたいことに、当時は4つの大学からお声がけをいただいておりまして、練習参加を経て進路を決めた学校がありましたが、自分の力不足や状況が変わったこともあり、不合格となってしまいました。 他の学校に進学しても同じ熱量でサッカーに向き合えるのか?親に負担をかけてでも大学に行くべきなのか? 精神的にも落ち込みサッカーをやめて就職するか悩んでいた時に、仙台FCで指導してくださった恩師から「サッカーへの”情熱”はそんなものだったのか?」の一言で再び火が付きます。 この言葉で私はもう一度、サッカーに向き合うと決意しました。 恩師からご縁を繋いでいただき面談を行っていただき、現在勤めているスポーツXグループ、みちのく仙台FCに入社&入団させていただきました。 
【現在の仕事】
2022年は社員プレーヤーとして、午前中はサッカーのトレーニングに励み、午後からは仙台市内の企業様を中心に訪問活動を行っておりました。 2023年からはスポーツXグループの広島県福山市にございます、人工芝のグラウンド3面と最大600人以上収容可能な宿泊施設が併設されているツネイシしまなみビレッジに勤めております。 主に宿泊の対応や幼児、小学生を中心としたサッカースクール、自身のサッカートレーニングを行っております。 
宮城-広島と距離は遠いのですが、広島県内で企業様にご挨拶する際はみちのく仙台FCの名刺をお渡しさせていただき、みちのく仙台FCの存在を知っていただけるように努めております!!